すべての会場、A/Vチーム、ハイブリッドテクニカル設定は異なるものの、以下はStreamYardでハイブリッドイベントを設定する際に考慮すべきベストプラクティスです

配信コンピューター

  • ライブ配信には、専用のコンピューターの用意をお勧めします。
  • 配信コンピューターのオペレーターを置いて、配信の監視、フィードへのグラフィックスの追加、問題のトラブルシューティングを行うことをお勧めします。
  • グラフィックスコンピューター:
    • 配信で多くのプレゼンテーションを行う場合、追加でグラフィックス用のコンピューターを用意してプレゼンテーションを実行することを考慮してください。 ビデオの配信、音声、コンピューターのラグを引き起こす堅固なマルチメディアのプレゼンテーションの実行の両方を試して、配信コンピューターを過度に使用しないようにすることが重要です。 2台目のコンピューターを配信に接続するには、メインの配信コンピューターとして同じStreamYardスタジオにログインします。 これは、グラフィックス画面共有として機能します。
    • グラフィックスの進行をバーチャルと会場の両方で同期する必要がある場合は、グラフィックスコンピューターをステージにスクリーンキャストし、クリッカーを使ってスライドを進めます。

イーサネット接続

  • 配信コンピュータとグラフィックスコンピュータ(使用する場合)への専用の強力なイーサネット接続を用意することが不可欠です。 ダウンロード速度ではなく、アップロード速度に注意を払うことが最も重要です。 最低10mbpsが必要ですが、特により複雑な番組には20mbpsが理想的です。

カメラ

  • ウェブカメラとして認識されるものであれば、どのようなカメラでもStreamYardで使用できます。 お使いの機材により、活用すべき多種多様なスイッチャーやキャプチャーデバイスが用意されています。 使用するカメラの台数に応じて、各カメラの向きや各瞬間にどのカメラをライブにするかを決めるプロデューサーやディレクターを置きましょう。

音声

  • 会場に複数のマイク入力がある場合は、配信コンピューターに接続する音声インターフェースの活用をお勧めします。 StreamYardでは一つの音声入力として認識されますが、複数のマイクを利用できます。
  • イベント前に、カメラとマイクの同期を必ずテストしてください。 お使いの機材によって、これにはある程度時間がかかります。そのため、イベント準備の最後(通常、イベントの前日)に時間を確保し、入力が同期できていることを確認し、必要ば場合にはトラブルシューティングを行ってください。

制作サポート

イベントの設定または会場についてご質問がありますか? StreamYardプロダクションサービスはイベントごとにご利用いただけます。独自のイベント設定のための専門知識、ベストプラクティス、実践的な制作を提供します。 さらに詳しい情報はこちらをご覧ください。

更新

この記事は役に立ちましたか?

17人中10人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。