StreamYardでVoicemeeterを使用する方法

Voicemeeter(Windows用)を使うと、デスクトップ/アプリ(Zoomを含む)とマイクから、StreamYardで使える単一のソースに音声を簡単にルーティングできます。 Voicemeeterのセットアップと使用方法の詳細については、こちらからユーザーマニュアルをご覧ください。
MacOSをお使いですか? 代わりにLoopbackをご利用ください。

mceclip4.png

Voicemeeterの設定:

  1. Voicemeeterをダウンロードしてインストールしてください。 インストール後にコンピューターを再起動してください。
    mceclip0.png
  2. スタートメニューで「voicemeeter」と検索し、Voicemeeterをクリックして起動します。
    mceclip1.png
  3. 左上の1をクリックして使用するマイクを選択します(名前は使用しているマイクにより異なります)。
    mceclip2.png
  4. 右上のA1をクリックして使用するスピーカー/ヘッドホンを選択します(名前は使用するスピーカー/ヘッドホンにより異なります)。
    mceclip3.png
  5. 列1(「ハードウェア入力」)の場合はAを無効にしてBを有効にします。
    列2ではABを無効にします。
    列3(「仮想入力」)ではABを有効にします。
    構成は次のようになります。
    mceclip13.png

StreamYardの設定:

  1. StreamYard スタジオで下部にあるカメラ/マイクをクリックし、左側にある音声をクリックします。
    mceclip5.png
    mceclip6.png
  2. マイクの下のドロップダウンボックスで、Voicemeeter出力を選択します。
    mceclip7.png
  3. スピーカーの下のドロップダウンボックスで、使用するスピーカー/ヘッドホンを選択します(名前は使用しているスピーカー/ヘッドホンにより異なります)。
    これは重要です。 代わりにVoicemeeterがスピーカーデバイスとして設定されている場合、StreamYardスタジオの他のユーザーにエコー/フィードバックが聞こえます。
    mceclip8.png

他のアプリの設定:

ZoomやSpotifyなどのアプリからStreamYardに音声を送信するには、出力デバイスをVoicemeeter入力に設定する必要があります。
一部のアプリではWindowsのデフォルトの出力デバイスとは別に個々の出力デバイスを設定できます。
Zoom:
設定-> 音声で、スピーカーデバイスをVoicemeeter入力に設定し、マイクを使用するマイクに設定します。
mceclip9.png

デフォルトのWindows出力デバイスの変更方法:

個別の出力デバイスの設定を許可しないアプリの場合、Windowsのデフォルトの出力デバイスを変更する必要があります。

  1. タスクバーのサウンドアイコンを右クリックし、サウンド設定を開くをクリックします。
    mceclip11.png
  2. デフォルトの出力デバイスをVoicemeeter入力に変更します
    mceclip12.png

更新

この記事は役に立ちましたか?

98人中71人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。