Firefoxの音声設定のトラブルシューティング

Firefoxのバージョン116以上をお使いの場合、StreamYard内でスピーカーに使用するデバイスを選択できないことにお気づきかもしれません。 これは、Firefoxの現存のバグによるものです。 Firefoxチームはこの問題を認識しており、できるだけ早く修正できるよう取り組んでいます。 

この問題が発生した場合は、オペレーティングシステムの設定で、デフォルトの出力デバイス/スピーカーを変更することをお勧めします。 この記事では、WindowsとMacOSでのその方法を説明します。

Windowsでデフォルトスピーカーを設定する

  1. コントロールパネルに移動します。
  2. サウンドを選択し、表示された新しいウィンドウで再生タブをクリックします。 
    注:タスクバーのスピーカーアイコンを右クリックし、サウンドをクリックしてこの設定にアクセスすることもできます。
  3. 次に、使用する接続デバイスを右クリックし、デフォルトのデバイスとして設定を選択します。無効になっているデバイスを使用する場合は、まずそのデバイスを再度有効にする必要があります。
    Set default in Windows.jpeg
  4. OKをクリックしてウィンドウを閉じ、StreamYardに戻ります。

こちらのマイクロソフトのウェブサイトにも、その方法が掲載されています。

MacOSでデフォルトスピーカーを設定する

  1. Appleメニューに移動して、システム設定を選択します。
  2. 次に、サイドバーのサウンドをクリックします。 (下にスクロールする必要があるかもしれません。)
  3. 右側の出力をクリックし、サウンド出力デバイスのリストから使用するデバイスを選択します。
    Mac output.jpeg
    Macで使用可能なすべてのサウンド出力デバイスがここに表示されます。 これには、コンピューターの内蔵スピーカー、コンピューターのサウンドポート(オーディオポートアイコン)に接続されたデバイス、USBスピーカー、AirPlayデバイスが含まれます。
  4. StreamYardのあるタブに戻ります。 

こちらのAppleのウェブサイトにも、その方法が掲載されています。

Firefoxでのバックグラウンドノイズ削除

Screenshot 2023-09-13 at 4.39.44 PM.png

Firefoxブラウザの制限により、接続されたマイクからの音声を再サンプルしたり、設定されているサンプルレートを確認したりすることはできません。 これらの機能はバックグラウンドノイズ削除機能を動作させるためのもので、正しく動作していないとエラーおよび音質のトラブルを引き起こす可能性があります。 そのためバックグラウンドノイズ除去機能は、Firefoxでは利用できません。 この機能を使用するには、Google Chromeに切り替えてください。 

更新

この記事は役に立ちましたか?

77人中21人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。